FC2ブログ

RO自キャラ紹介(6th影葱編)

 ※2015年6月に更新

 個人的な名付けのこだわり
①世界観に合わせる(ストーリー中で自分の名前が出たとき萎えないように)
②かな、カナ、漢字の日本語表記(英数字や記号は入力面倒、私がw)
③長すぎない(上記とほぼ理由は同じ)


 因みに名前の由来は今のところ、
7人全員「ス○エニの2大RPG」から何文字か取ってきたもの。
安直ではあるけども、それぞれいい感じに収まった気がします。

 ↓他キャラはこちらから
 1.ファイドラ(シャドウチェイサー)
 2.ジースト (ギロチンクロス)
 3.ラグイナ (アークビショップ)
 4.アヌエス (メカニック)
 5.アルオン (朧)
 7.ファインド(ベビーチェイサー)



↓それでは紹介いたします!

 


 六人目。

ファノン 長女の影の人格双子的立ち位置の六女

 Q.ご趣味は? A.「スティールコイン」です
 一人目は物理攻撃主体だし、ちょっと魔法に浮気してみようかな?
INTにもう少し割り振って、
取ってなかったオートシャドウスペルなるものを体験してみよう。
そう思ったのが運の尽き。
 やはり本職と比べるとその差は歴然で、再び泣きたくなるorz
MSとかLOVとかやってみたんですけど、うん…(ノД`)・゜・。

 ま、まあMATK用の装備はほとんど持ってないし! 
こういうのは本職さんと比べちゃいけないな!! うん!!
使う人が使えば強力なスキルなんだ、ASSは!!!
お前どんだけ魔法と相性悪いんだよ…orz
 まあお金に余裕ができて、装備に手を出せるようになったら、
引き続きASSを使ってみましょうかね(いつになるやら…)
しばらくはこのままのステでもいいかな。


 見た目は上の子と双子状態を目指してみました。
しかし仮面を着けているあたり、そこはかとなく漂う中二病の香り…
(仮面着けてる人をdisってるわけではないので怒っちゃやーよ)
どうでもいいけど、影葱の座り方に結構キュンとくるw まさかの体育座りとな。


 生体用に特化しただけあって、DEXは申し分ないと思ってます。
むしろ上げすぎた。 
装備と支援、料理などのドーピング次第では170~180超えます。
長女もDEXは大体同じなので、ここでベースレベルの違いが如実に表れる。
イグノアはかかりにくいわ、ガイルのSBrにビクビクするわ、積載が不安だわ…
上の子に慣れちゃうと不便に思えてしょうがない。

 もともとDEXを120まで上げたのは、「ローズキャスケット」の恩恵が欲しかったため。
今は「精霊の王冠」でほぼ固定なので、DEXは装備任せにして、
多少盗りにくくてもレア狙い、なステでもいいかもしれない。
余ったポイントはINTにでも。 スティール連打といっても結構SP食うのですよorz
 趣味のスティコもやりたいとなれば、尚更SPの枯渇は避けたい。
長女との更なる対称化を図ってみようかしら。


 この子だけ完全に別ギルド所属です。 生体好きの集まりです。
生体臨が立ってる! と思って入ってみたらギルメンばかりだったw
なんてこともしょっちゅうあります。
 たまに生体関係のイベントが催されてます。
生体4階でペロったら「ニャンニャンバカンス」+「マジックマッシュルーム」
企画は面白かったw
水着着て高笑いしながらランダムスキルwww

 運営に文句ばかり言うんじゃなくて、プレイヤーの方から率先して
自分なりの楽しみ方を見出す
のがゲーマーだと思ってます。 
プレイが上手いのもいいけど、それだけじゃなくてね。
立派なゲーマーと飲兵衛を目指したい(←オイマテ)


 相棒は何にしようかな…
影葱に似合うペットキャラを選出するのがなかなか難しいです。
オオカミ好きなので、連さんみたいにオオカミ連れ回したい…
小デザートウルフはあれ、どうみても子犬ですありがとうございますorz
 じゃあレンジャー作れよという声が聞こえてきそうですが、そうじゃないんだ…
影葱とオオカミの組み合わせが
個人的に萌えるんだ燃えるんだ!!!

変なところで謎のこだわりを発揮するAB型です、はい。


 モロクでのんびりしたり、プロンテラを意味もなく歩き回ったり、
どちらかというと息抜き的なキャラです。 息抜き大事
 他の娘たちとは違ったベクトルで、私の中で愛すべき存在です。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

ファイ

Author:ファイ
FF・ROなどのゲームを
ゆるくプレイしております。
シーフ等の盗賊系職が好き。
最近お酒が飲みたくて
仕方ありません。
芋焼酎美味しいよ芋焼酎。

画像はROでブラブラ冒険
inニブルヘイム。
黒猫の人形を盗みに、
単身で乗り込みました。
Base165レベルなら
流石に負けないだろうと
思ったのが私の驕り。
ロードオブデス様と
カプラ前でまさかの遭遇。
驕慢な泥棒娘の躾の為、
わざわざ御登場ですか…

© Gravity Co., Ltd.
& Lee MyoungJin
(studio DTDS).
All rights reserved.
© GungHo Online
Entertainment, Inc.
All Rights Reserved.
当コンテンツの再利用
(再転載・配布など)は、
禁止しています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR