たまには別のゲーム話

 FC2ブログをお使いの方が訪問された場合、足跡的なものがつくんですよね。
(訪問履歴を残す、と設定された方のみだと思うのですが)
時折チェックして、覗きに訪問返しに行ったりするのですが、
6月25日の訪問者の数にビビったwww 4人www
たまーに1人2人足跡付くくらいだったので、25日に何があったのか気になってます。
たまたま、この辺境を訪れようと思い立ったお人が重なった日だったのか…?


↓子供の頃やったゲームを再プレイするのも、違った楽しみ方ができてイイ

 


 皆さんはラチェット&クランクというアクションゲームを御存じでしょうか。
アメリカのインソムニアックゲームズという会社の作品なのですが、
日本語版も発売されているので、外国語はサッパリな私でも安心ですw
 いつか話題にしようとは思っていたのですが、8月9日に新作が発売されるようなので、
旬は逃さないように(?)この度記事にした次第です。
…まあ、新作の方はPS4持ってないんでできないんですがね!!!(泣)


 初プレイは小学生。 高校生になってからやり込みも兼ねてリベンジしました。
アクションは苦手なのですが、このゲームは好きですね。
パズル要素もあるし、レーシングもできる。
シューティングもできるし、やり込み要素も満載。
 ストーリーが良い意味で簡潔で、小学生の自分でも目的が分かりやすかったです。
流石アメリカ式というべきか、登場人物が明るかったり、どこか抜けてたり、
いっそ清々しいくらいの悪役なのに、憎みきれない魅力もある。
全体的にギャグテイストだからそう思えるのか?
しかしだからこそ、ふとした瞬間のたった一言が身に染みるような気もしますね。
 田中敦子さんの色っぽく落ち着いた声のヘルプデスクも素敵。
ガラメカ(ガラクチック・メカ)が豊富なのもイイ!!
少しずつアイテム欄が埋まっていくのを見るのも、私の快感を得るツボ。


 取り敢えず、第1作目の話をしたいと思います。
全部について書くと長くなっちゃうもんな。 そこ、いつも長過ぎるとか言わない!
 銀河を救うために様々な惑星を巡って旅をするのですが、
その中でも、特に印象に残っている惑星を挙げてみます。


  海洋惑星キャナル「ブラックウォーター」
 ミニゲーム的要素である「ホバーボード」のレースが盛んな惑星。
そして、第一作目における私の一番のトラウマエリア!!
 やりこみ回収した後で、とあるお方のプレイ動画を拝見したのですが、
割とここで詰みかけたというコメントが多くて安心しましたw 私だけじゃなかったんだ!
 ストーリーを進めるために地下水路を通って、キーマンとなるキャラに会いに行くのですが、
この地下水路、入口の扉が閉まっています。 手前にはこれ見よがしにスイッチが。
ははあ、成程。 これを踏んで開けろと。 それではポチットナ!!

 瞬間、どこからともなく大量に溢れ出る水!!
スイッチ式の扉は、中から敵がお出迎えしてくれるパターンが多かったので、
それなりに覚悟を決めて、さあ出て来いやぁ! と思ったら
まさかの水責めです。 オメェはお呼びじゃねぇんだよ!!!
アワアワしている間にも水嵩は増していくばかり。
これはマズい。 退路も断たれている。 溺れてしまう前に、奥までダッシュです。
 奥に進むにつれて高所に近付くようです。 生きるために少しでも高い場所へ!
足が浸かるくらいなら大丈夫。 腰下程になると走るスピードが落ちてしまいます。
胸あたりまでくるともうダメ。 走れなくなってやむなく泳ぐ羽目になりますが、
如何せん泳ぐのが遅い。 カナヅチの私が言うのもなんですがw
天井まで浸かってしまったら、運を天に任せて潜ります。
この時点ではまだ、潜水には制限時間があるので、
息が続くうちに再び空気のある場所まで進まなければなりません。
 自分で走るより、背負ったクランクが持つ機能の一つ、前方に大きく飛んでいく
ヘリブースト連打が一番なのですが、足場がこれまた狭いため、
ちょっと着地地点から足を踏み外してしまうと、水にドボン!!
大幅なタイムロスをしてしまうので焦りばかりが募る羽目に。
 一体何度あそこを駆け飛び泳ぎ、そして散ったことでしょうか…orz

 それから、ここでは最強の武器ガラメカ「ランチャーNo.8」が手に入ります。
もっとも、闇取引は禁じられた代物なのでお値段異常w
どうしても手に入れたくて、金策に奔走したあの日々。
一作目は、特にお金を貯めづらいので、それはもう地道なものでした。
 値段を裏切らず、この武器はあまりにも強力なので、
一度手に入れてしまうとヌルゲになると言われているようですが、
9発の追尾ミサイルを同時発射できる、そのデカくてごっつい見た目に惚れ込み、
武器コレクター魂に火が付いた暇人小学生にとって、
そんなデメリットはストッパーになどなりえませんでした。

 今は少しばかり操作が上達し、詰みかけることもなくなったので、
厄介ではありますがそれなりに思い出深い場所となっております。


  ネビュラG34「開発拠点 BBステーション」
 惑星じゃなくて宇宙ステーションですね。
ここもまた、私の苦手なタイムアタック方式を押し出してきよる…
最奥の大きくて真っ赤なボタンを押すと、アナウンスが流れるのですが…

「本日は、自爆ボタンを御利用頂き、誠に、誠にありがとうございます。
この船、間もなく大爆発させて頂きます

 丁寧に言えば良しと思ってんのかゴルァ!!!(#゚Д゚)
と、叫びたくなる気持ちを抑え、敵の攻撃を掻い潜って道をひた走る。
私、タイムアタック系にぶち当たると無性に泣きたくなってくるんだよ…。
焦り過ぎなのかね? 手が震えてしょうがない。
 45秒以内に脱出できなければゲームオーバー。
時間的にというより、精神的にキツかったです。

 確かここが、クランクを初めて動かす場所でもあったんだっけな?
ガジェボット」なる小型ロボットを引き連れる場面が多々あるのですが、
クランクの後をヨチヨチトテトテついてくるガジェボットちゃん可愛い(*´ω`)
なんだか雛鳥の親になったような気分になるんですが…w



 高校生になって、ディシディアファイナルファンタジーを堪能した後、
ディシディアできるなら、ラチェクラもいけるんでないか?」と、再挑戦。
ええ、それなりに動かせるようになったと思ってます。
以前よりアクションに慣れたのか、強敵とも思ってたよりまともに渡り合えました。

 さて、リベンジも兼ねて私は目標を立てました。 やり込み要素の回収です。
特定のアクションを行うことで獲得するスキルポイント
各ステージに散らばって隠されているゴールデンボルト
これら全てを、攻略サイトを一切見ずに回収すること。
スキルポイントは、獲得箇所と名称だけが予め明らかにされるので、
そこから連想できるアクションを色々試したり。
(例えば「かいていのおたからさがし」という語、
 「惑星ポクタル」で獲得可という情報から、
 「海の底に沈んだ爆弾箱を全て破壊」まで連想し、実行する等)
思いついた行動を片っ端から試していくのが楽しかったです。
 マップを眺め回して踏破しつつ、視点を変えながら隠し通路なども探す。
怪しい壁は取り敢えず放置、強力な武器を手に入れてから、
意気揚々と同じ場所まで戻り、躊躇いもなく撃ち込む。
 燦然と輝く金色のボルトを視界に収めた時の、
高揚感と達成感がまたイイんですよ…!! 自力で見つけるから特に。
 「ビデオミサイル」がだいぶ活躍してくれましたね。
色んな場所から飛ばして、縦横無尽にマップを徘徊させて探し回りました。

 好きなガラメカは「ランチャーNo.8」「ビデオミサイル」の他にも沢山ありますね。
例えば「アクマングラブ」とか。 小型の自律型爆弾ロボットを、
まるで疑似ペットのように愛でていた私。 あの子たち、可愛いと思うのですが。
それから「バルルングラブ」。 自分そっくりのバルーンを地面に設置して、
敵の攻撃を逸らすのに使う。 まあ、言ってしまえばデコイですね。
ボムシールダー」も好きだな。 弾薬少ないから無駄遣いはできなかったけど。
6つの浮遊型爆弾がラチェットを取り囲みながら回り、守ってくれます。

 ……ええ、もうお分かりですね?
私が如何にチキンプレイに興じていたか!!!(オイ)
どうやって攻撃するかより、どうやって敵を近づけさせないかを考えてた。

 武器ガラメカ以外でなら、「スパイシリンダー」と「メタルレーダー」ですかね。
やっぱりどこかしらシーフ的なプレイをしたがる私。
スパイシリンダー」はパズルを解いてロックを解除するためのガラメカ。
メタルレーダー」は、地面に埋まったボルトを回収できるという、
非常に私得なガラメカでした。


 ハードと所持ソフトの関係で、我が家でプレイできるのはナンバリングタイトルだけです。
3までやりこみ回収しつつ、4で色々難易度変えて遊んだり。
5はまだ序盤しか触ってないので、リベンジしたいですね。
 やりたいことが増えていくばかり。 時間は限られているというのに。


 また気が向いたら、続編についても書くかもしれません。 今回はここまで!


 ↓時間に余裕を持たせておいてよかった…

 サビクさんの誕生日に向けて、切り絵の下書きを着々と進めております。
やっぱり人は難しい。 成人男性なんてほとんど描いたことないぜHAHAHA!!
 結構余裕を持って作業できると思ったのですが、よくよく考えれば7月ってのは、
レポート・論文・テストが怒涛のように押し寄せる
極めて忌まわしい月だということに気付きました(遅)
 切る楽しみを胸に、頑張って生き抜こうと思います(´・ω・`)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

ファイ

Author:ファイ
FF・ROなどのゲームを
ゆるくプレイしております。
シーフ等の盗賊系職が好き。
最近お酒が飲みたくて
仕方ありません。
芋焼酎美味しいよ芋焼酎。

画像はROでブラブラ冒険
inニブルヘイム。
黒猫の人形を盗みに、
単身で乗り込みました。
Base165レベルなら
流石に負けないだろうと
思ったのが私の驕り。
ロードオブデス様と
カプラ前でまさかの遭遇。
驕慢な泥棒娘の躾の為、
わざわざ御登場ですか…

© Gravity Co., Ltd.
& Lee MyoungJin
(studio DTDS).
All rights reserved.
© GungHo Online
Entertainment, Inc.
All Rights Reserved.
当コンテンツの再利用
(再転載・配布など)は、
禁止しています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR