FC2ブログ

真昼の弦月(小手調べ編)

( ゚Д゚) ちょっとちょっと、聞きまして、奥様?
(^ω^ ) あらまあ、一体どうなすったの?
( ゚Д゚) いえね、先日ホワイトデーイベントがあったじゃない?
(^ω^ ) そうそう、回復剤の在庫不足を補う一大イベントね?
( ゚Д゚) 実はカカオ割りにかまけ過ぎて肝心のお菓子作りを忘れた方がいらしたとか。
(^ω^ ) あらあら、なんて勿体ないこと! ビターチョコ量産のチャンスが!
( ゚Д゚) やーねぇ、最終日にまとめて作るだなんて言うから忘れちゃうのよ。
(^ω^ ) やっぱり「日頃から少しずつ」が一番効率的なのよね。

( ゚Д゚)(^ω^ )ネー


 …はい、ビターチョコを作るのをすっかり後回しにして、
やたらカカオ臭漂う倉庫を抱えたままイベント終了日を迎えた私です。
ああほら、うちのGX娘物凄い形相で睨んできてますよ…
そうだな、お前ビターチョコ好きだもんな。
チャールストンMD突撃時の生命線だもんな、本当ごめんな…orz
まだそこそこ余ってるので、それでやりくりできるといいのですが。

 心の傷はロリで癒すに限ります(オマワリサーン)
というわけでラヘルへGO!! 教皇様に会いに行きますよ!

↓長くなっちゃったので2部構成 今回は初級編です

 


 小さな女の子を過剰に愛でる性癖を隠さなくなってきた危ない私ですが、
その割には真昼の弦月MDについて全然触れてないじゃんかと。
確かに、実装直後の時期に私がここに赴くことはありませんでした。
興味がなかった? そんなわけない。 むしろあり過ぎた!!
教皇様の私服だぞ? 教皇様そっくりのショタもいるんだぞ?
私を釣るのにこれ以上の餌がいるのかよってなもんです(キリッ)
 ただ、記事を書くためにもがっつり取り組みたいと思っていたので、
真昼の弦月一辺倒になれる時期を狙っただけなんです。
去年のハロウィン前~年末に集中した結果、
なんとか最終目標(たれ教皇Get)は達成できておりました。


 女神フレイヤ信仰の篤い宗教国家・アルナベルツのラヘルにやってくると、
教皇様の補佐で多忙なはずのニルエン大神官と街中で遭遇。
教皇様のために幾度となく依頼を遂行してきた冒険者に、
今回も折り入って頼みがあるのだそうです。 それも他言無用の極秘事項!
なんでも、最近教皇様の睡眠時間が異様に増えてきているとか。
目覚めても心ここに在らずといったご様子、哀しい表情をお見せになるらしく、
何らかの心理的な負担を強いる夢に囚われたのではないかと、推察するニルエンさん。
しきりに目を擦って欠伸を噛み殺す教皇様を妄想して悶える私
一体どんな夢を見ていらっしゃるのでしょうか…?

 生まれた時から神の子として、フレイヤ様の御名の下に生きる教皇様には、
表向きには俗世の家族はいないものとされています。
しかして、大きな声では言えませんが教皇様も人の子。
生みの親は当然のこと、血を分けた兄弟だっていてもおかしくはありません。
 同じ神殿内の人間でさえ、おいそれと会うことはできない教皇様。
しかし「夢」を通してならば、誰にも邪魔されずに教皇様と接触することも可能です。
…もっとも、そんな芸当ができるのはごくごく限られた者だけでしょう。
心当たりとしてニルエンさんが口にしたのは、教皇様の双子の兄ルーミンの名でした。
ルーミンはラヘルの北東にある氷の洞窟に閉じ込められている少年です。
1度ぎんさんと緋月さんのご好意に甘えて一緒に会いに行きましたが、
教皇様にそっくりのショタがいると聞いて 参照)
あの時の氷漬けのショタっ子がルーミン君ですね。

 もしもニルエンさんの想像通りなのであれば、
離れ離れになった兄と会える喜びが、教皇様の眠りを誘っているのでしょうか。
真実を知るために、私に夢の中に入ってくれと頼むニルエンさん。
内部にこの実情が知れ渡ると、政治的に利用する輩が出ないとも限りません。
前々から内部分裂が問題となっているフレイヤ大神殿ですからね。
 彼女の術で夢に送り込めるのは冒険者1人だけ。
うむ、ソロ用MDならそこまで無茶な難易度ではないのでしょうね。
初級レベルの「夢の中に入る(Base70~)」と
上級レベルの「より深い夢の中に入る(Base99~)」がありますが、
まずは小手調べで初級レベルにIN!!


 暗く冷たい大理石の部屋の中。 独りポツンと佇む教皇様が!
キョロキョロと辺りを見回し、しきりにニルエンさんの名と
ティルビー」なる人物の名を呼んでいます。
そんな教皇様の前に突如として踊り出る不審者ファイドラ
どうやら夢の中の教皇様は、私のことは知らないみたいですね。 寂しい…
怪しいけど怪しいものではございませんよ。 ティルビーってだあれ?
 ティルビーはニルエンさんがくれたお人形さんの名前なんだとか。
探す手伝いを申し出ますが、「もう遅い」と呟く教皇様。
これから人と会う約束をしているので、これ以上探している時間は無いとのこと。
うーん、でも道中で見つかるかもしれないし、お供しますよ!


 道なりに進むと、教皇様がいつもおわします謁見の間に辿り着きました。
部屋を離れていた教皇様は、早速沢山の信者に取り囲まれてしまいます。

信者Lv1(所詮俗欲に塗れた者達よ)

 端々に不穏な響きの込められた言葉から、段々と明確な悪意が表出してきます。
もう一つの完璧な『教皇の資格』」とは、恐らくルーミンのことなのでしょう。
教皇様、否、教皇という「立場」に向けられる狂信的な崇敬
畏れ多くも手の平の上で操ろうと、隙あらば狙ってくる邪心
様々な念に押し潰されそうになる教皇様。 落ち着いて!!
あなたには約束があるでしょう? 会わなければいけない人がいるでしょう!

教皇様の反抗期(違)

 アルナベルツ教皇の座ではない、彼女の求める「本当の居場所」とは何処なのか?
ここではないというのなら、このコソ泥めが連れ出して差し上げます!!
 立ち塞がる警備隊。 初回は初級レベルだったこともあり、敵は2人だけ。
よくも教皇様に刃を向けやがったな、
 この――以下、不穏当な発言により自主規制――!!」と
いつも通りのスティールをかましながらこってり絞っておきました。

教皇様が仲間に加わった!

 うおおおっ!!? 教皇様がついてくる!!!
教皇様が私の後をついてくるぞワッホーイ!!!
…とまあ、浮かれてばかりもいられません。
先述の通りここはソロ用MDですので、教皇様の盾になれるのは自分だけ。
T.W.Oにメロメロスタン攻撃を食らって以来、泣く泣くVITに振ったはいいが、
果たして50ポイント+α程度の体躯で教皇様をお守りできるのか!?


 南に向かって逃走を続けると、そこにいたのは教皇様と瓜二つの少年。
教皇様と同じ白銀の髪のオッドアイ。 彼の瞳の色を見るのは初めてですね。
教皇様に紹介される私。 初めまして、ファイドラです。 職業は泥棒です

礼儀正しい男の子

 妹に馴れ馴れしい盗賊警戒心MAXのルーミン君!!
まあ当然の反応だけど、ショタに冷たくされるのも悲しいなぁ…
お姉ちゃんちょっと傷心よ? いいぞもっとやれ
結局は、妹にせがまれて私の同行を許してくれます。 これで両手に華よ!
 しかし、教皇様の煌びやかな服装では目立ってしまいます。
ルーミンの用意してくれた私服で、教皇様のお着替えタイムです!
覗きたい、基、手伝いたいのは山々ですが、隣の少年の視線が痛くてね…!orz
彼の心をほぐす会話もできず、針の筵で教皇様を待つのみ。

天使の微笑み×2

 …いやぁ、もう、ね。 陳腐な表現になっちゃうけど仕方ないね。
本当可愛いね!!! 天使が2人もおるで!!
年相応の笑顔を見せてくれる教皇様なんて、レア中のレアですよ!?


 無事に神殿を脱出したはいいものの、どうやら道に迷ってしまったようです。
といっても、私にとっては見慣れた大邸宅の前。
ニルエンさんと共に教皇様を支えるジェド大神官のお屋敷です。
 立派な建物に少し感嘆するルーミン君ですが、すぐに妹の手を引いて駆け出します。
一応同行者である私のことなど既に眼中にないかのような素振り。
しかし、すぐに警備兵に見つかってしまいました。

幼子2人を連れた盗賊が怪しくないわけがない

 いや、全くですねw 一切の反論の余地もございませんwww
兵に囲まれたところに、騒ぎを聞きつけてジェドさんもご登場。
教皇様の姿を認めてひどく驚きます。
慌ててニルエンさんの名を出して言いくるめようとするも失敗。
大事な「神の器」を再び神殿に据えるべく、教皇様を取り押さえようとしてきます。

これで揺らがない夢ジェドさん本当冷徹(ぇ)

 …どうしよう、こんな時に言うのもKY極まりないのですが、
涙目の教皇様メッチャ可愛い!!!
「神の器」とか関係ねーべ。 アルナベルツの民のためとか関係ねーべ。
もうね、この顔! この表情!! これだけで、
万全・堅固の庇護に値するだろうがよ!!!
可愛いは正義、異論は認めない。
 しかし、安全のためとは言え、教皇様を無理矢理神殿に閉じ込めるなど言語道断!
ルーミンも教皇様を守るため、果敢に大人達に食ってかかりますが、
非情なことにジェド神官は彼も捕らえるように警備隊に命じます。
 仕方なく、ルーミンと二手に分かれて逃走を試みます。

彼女が欲しくば私を倒してみせろ

 流石にBase70~のダンジョンにBase165で飛び込めば、5人以上抱えても平気ですね。
コソ泥らしくもない堂々とした肉盾っぷりですorz


 無事に邸宅を抜け、市街地に逃げ遂せることができました。
ルーミンと合流もできましたが、彼の腕には1匹のワンコが。
予てより犬を飼いたがっていた教皇様のため、ワンちゃんを連れて帰ろうとするルーミン。
喜ぶ教皇様はとても微笑ましい限りなのですが、
彼と合流してからは1度もこちらに注意を向けられていませんorz
 …いや、あの、ロリコンの僻みとかではなく、
本当に教皇様はプレイヤーの存在が認識できなくなってしまっているようです。
 そこへ、教皇様達を取り囲むように現れた街の子ども達。
親し気な彼らの様子から、普段の遊び仲間なのでしょうか。
普通の子として、同じ年頃の少年少女と遊びたいという教皇様の望みなのでしょうね。
なんてことを考えていると、あれよあれよという間に帰路につく子ども達。
今の私には、幽霊のように彼らをストーキングすることしかできません。


 明日は何して遊ぶ?

 バイバイ、じゃあね、また明日。

 お母さんのご飯が楽しみだね。


 どれもこれも、現実の教皇様がどんなに望んでも手に入れられない日常の風景。
やがて到着した1軒の家には、優しいお父さんとお母さんの姿が。
無事にワンちゃんを飼う許可ももらえてはしゃぐ2人。
仲睦まじい家族の団欒に、突如割り込む人の声が!

大神官一行ご到着~!

 ニルエン大神官とジェド大神官が、大勢の信者を引き連れてきました。
てっきり先程の逃走劇の続きかと思いきや、教皇様が家族と引き離され、
初めて神殿に連れて行かれる場面の再現のようです。
もっとも、夢の中の出来事なので、現実に起こったことなのかどうか定かではありませんが。
 新たな教皇様の誕生の瞬間と聞いて、近所から続々と人々が集まってきました。

何名いただろうか?

 あまり例を見ないNPCの人数に若干ビビる私
突然「教皇様」と称えられ、これだけ多くの人々に祭り上げられる羽目になった
「普通」の少女の戸惑いは如何ばかりか…
頼みの両親にも「教皇様」として扱われ、堪え切れずに泣き叫ぶ教皇様。
 その中で、兄のルーミンだけは妹を優しく励まし、
今度は2人だけの秘密の場所である「秘密の花園」で合流しようと約束します。
ルーミンも教皇の資格を持つ者として追われることになってしまったので、
再び二手に分かれて追っ手を分断する作戦です。
しかし、兄に置いていかれた教皇様は激しい孤独感に襲われてしまいます。

少女のヒーロー・ファイドラマン!

 そこで満を持して私の登場よ!!!
ある偉い人は言いました。
ヒーローは遅れてやって来ると!!!

教皇様を見守り隊(在員数1名)

 ずっと尾けてました、ハイ。 別に邪な気持ちではないですよ?
私はあくまで、教皇様の御意志を尊重しつつ見守りたいという純粋な信念の下にですねry
私がついてます、もうひと踏ん張りですよ!


 ここからは、豹変したワンちゃんも加えた信者連中が襲ってきます。
MAPの何処かにランダムに配置されたジェド大神官も襲ってくるのですが、
初回は信者達との乱戦に混ざる位置に出現したので気が付いたら倒してたという。
何かやけに堅いのが混ざっとるなとしか思えんかった… ごめんねジェドさんorz
彼の本領発揮は上級編で触れることにします。

これは…ドロワか!!!

 しっかし、教皇様の攻撃モーション可愛いな…!!(*´Д`)
というか、何してても可愛いな。 何もしなくても可愛いな。
流石バレンタイン人気投票を始め、圧倒的支持率を有するだけあるわ。
ROプレイヤーはロリコン率高いんだなって(失敬な)

このモジモジした仕草がたまらんのです

 この立ち姿だけで飯が食える、酒が進む(←禁酒どうした)


 追っ手を蹴散らし強行突破する私達。 そこに現れたのは、教皇様!!
あの見慣れた豪奢な教皇の衣に身を包んだ、もう1人の教皇様です。
教皇様が2人…か。 成程、ここがユートピア!!
行く先々に現れ、逃げる彼女に現実を見るよう諭すもう1人の教皇様。
この子は彼女の教皇としての責任感を模した幻覚なのでしょうか?
幼女を無視するなど紳士の沽券に関わりますが(何を言ってるんだ)
私が為すべき任務とは、今この瞬間、私を信じてついてきてくれる、
この小さな手の持ち主を連れて逃げることです!!

×傭兵 ○幼女

 花園まであと少しというところで、ルーミンに追いつきます。
ここの教皇様はちゃんとプレイヤーの存在を認識してくれてます
良かった、また忘れられたら私泣いちゃうからねorz
ご心配なく、最後までちゃんとお側にいますよ。


 遂にラヘルの街からも脱出し、秘密の花園とやらに辿り着きました。
夢の中の光景ということもあって、綺麗なところですねぇ。

幻想的な場所ですね

 さて、ここはルーミン曰くの誰にも見つからない安全な場所。
2人を邪魔する者はもう誰もいません。 …私を除けば、ですが。
ふむ、ここなら大好きなお兄ちゃんと一緒にいられると。
それもずっと、ずーっと、ですか。 そうかそうか。

夢に囚われるのが幸せでしょうか

 残念だよ、ルーミン君。 君も彼女を閉じ込めようとするんだね?
さあ教皇様、そろそろ夢から覚めましょう。 あっちでニルエンさんが心配してますよ。
私達を追ってきた怖~いジェドさんもニルエンさんも全部夢
彼らは「器」ではなく、「貴女」のことを心から案じていますよ?

幼子にここまで言わせた大人の罪は思い
最後に決めるのは教皇様です

 …私はもう言うべきことは言った。
後はもう余計な事はせずに、教皇様のお返事を待ちますよ。

片時も離れずにいて良かった(ぇ)

 追っ手を撒くためとは言え、何度も妹の傍を離れてしまったのが仇となる!
ずっと傍にいたプレイヤーの方を信じると言う教皇様。
 …よかろう!! 私を信頼してくれる教皇様の想いと、
私を力づくで排してでも妹と共にありたいと願うルーミン君の想い
それらに敬意を表して最後の戦闘です!!!

怒った顔も可愛いねルーミン

 それはそれとして、お怒りルーミンも可愛いよね(台無し感)
土台無理な話だったんや… ロリコンショタコン併発している私が、
シリアスモードなままクライマックス突入なんて無理だったんや…orz
 ボスなので多少身構えたものの、特に苦戦することもなく十数秒で勝利。
幼気な少年を錐でグサグサ刺しまくった鬼畜なコソ泥がいるらしい。


 再び氷の中に閉じ込められてしまったルーミン。
哀しそうに兄を見つめる教皇様の前に、もう1人の教皇様が現れます。

間違いなく人の上に立てる器の持ち主です

 幼い教皇様の人間が出来過ぎてて、ますます愛おしい(コラ)
こんなお方が私のような恥ずかしい大人を信用して下さるという奇跡orz
もう1人の自分に従って、「普通の少女」から「教皇」に戻った教皇様。
哀しくも愛おしい夢はお終いです。 そろそろ目覚めましょうか。
大丈夫ですよ、最後までお供しますから…!


 無事に初級クリアとなったので、教皇様と一緒に夢から脱出しました。
クリア報酬として「夢の破片」を1つGET!
更に教皇様の信頼度も1UP! 
いやぁ、私ね、こういう信頼度システム大好きなんですわ!
信頼度30で「[衣装]たれルーミン」、150で「[衣装]たれ教皇(私服)」がもらえます。
 さて、ニルエンさんに報告は済ませましたが、まだまだ教皇様の夢は終わりません。
彼女の精神が安定するまで、引き続き夢の探索を請け負います!!
続きは上級編で!! さーて、いつになったら書き終わるかな…(トオイメ)


 ↓おまけ 公式HPも面白いですよね、キャラ紹介とか!

 ニルエンさんと教皇様はお2人ともピーマンがお嫌いのようで。
ちりめんじゃこと一緒に醤油と胡椒で炒めたピーマンはいかがですか?
ピーマン瑞々しくて甘くて美味しいと思うんだけどなぁ…
「ピーマン嫌い」ってダダこねる教皇様欲しい(ぇ)
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

お誕生日おめでとう!

今日はアナタのお誕生日だよね?
お誕生日おめでとう!
プレゼントは何にしようか悩んだんだけど…可愛いアクセサリーが売ってたから、買ってきたんだ。
私とお揃いなんだけど…迷惑かな…?

お誕生日おめでとう!
素敵な一年になりますように!

…というスピカさんからのお祝いでした。
お誕生日おめでとうございます!

Re: お誕生日おめでとう!

 いらっしゃいスピカちゃん! ようこそ魔境へ(ぇ)
カワイコちゃんにお祝いしてもらえてニヤつきが止まりませんwww

> 私とお揃いなんだけど…迷惑かな…?
 迷惑だなんて何を言ってるんでしょうかねああもうこの子ったら!!
 「これスピカとお揃いなんだぜヘッヘッヘw」と誰彼構わず見せびらかしに行くレベル。

 というわけで、おたおめコメありがとうございました!
仕事に追われた今週もあと1日、頑張るぞー!!
取り敢えずスピカを抱き締めてナデナデして癒される権利もください(強欲)
sidetitleプロフィールsidetitle

ファイ

Author:ファイ
FF・ROなどのゲームを
ゆるくプレイしております。
シーフ等の盗賊系職が好き。
最近お酒が飲みたくて
仕方ありません。
芋焼酎美味しいよ芋焼酎。

画像はROでブラブラ冒険
inニブルヘイム。
黒猫の人形を盗みに、
単身で乗り込みました。
Base165レベルなら
流石に負けないだろうと
思ったのが私の驕り。
ロードオブデス様と
カプラ前でまさかの遭遇。
驕慢な泥棒娘の躾の為、
わざわざ御登場ですか…

© Gravity Co., Ltd.
& Lee MyoungJin
(studio DTDS).
All rights reserved.
© GungHo Online
Entertainment, Inc.
All Rights Reserved.
当コンテンツの再利用
(再転載・配布など)は、
禁止しています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR