シーフの道に引きずり込め(SSS:サビク編その3)

 リアルじゃ絶対にできない・しないことを、
ゲームの世界で思いっきりやる。
だから楽しいんでしょうね。
 剣や魔法、泥棒行為なんて絶対できないからこそ、
私は影葱にハマったのかもしれません。

 その1はこちら→勝手にホームタウン認定(SSS:サビク編その1)
 その2はこちら→私は「盗り」頭、そして「鳥」頭orz(SSS:サビク編その2)
 Extraはこちら→私が飲んだくれになりつつある(SSS:サビク編Extra)

 おまけはこちら→サビクさんがすごく甘やかしてくれる…(SSS:サビク編おまけ)
 50回回収はこちら→正直レオンには悪かったと思ってる(SSS:サビク編例のアレ)


↓ネタバレ長文 それでもよろしければ、いざレオン救出。

 


 前回はサビクさんを説得して一緒にレオンを助けに行こうとしました。
なので、今回は崖からスタートです。

 
 崖と言えばですね、リアルの話になってしまうんですがね、
私、数か月ほど前に珍しく夢を見たんですよ。 しかもROの。 SSSの。
内容は短いもの、というか1シーン程だったんですけど、
ちょうどSSSの話で言えばこのあたりだったと思います。
 下がほとんど見えない数十メートルの崖で、
短剣1本岩壁に突き刺した状態で宙ぶらりんw


 そんでもって多分先に降りてたんでしょうね。 
サビクさんの声がかろうじて聞こえるわけです。
「受け止めてやるから飛び降りろ」みたいな感じだったかな?
いやいや無理に決まってるでしょうとか
私の人生はこんなところで幕切れなのかとか
そもそもどうしてこうなったとか
後になればツッコミはいくらでもできるんですが、
あの恐怖だけは起きてからもしばらく続きました…
 高いところは好きな方なんですが(←うま・しか)、あれはねーよ… 
 
 そういや昔見た夢って覚えてるかと聞かれても、
今のところ「これ」と、小学生の時に3回見た「火事の夢」しか答えられない…
もっと幸せな夢はないのかよ…orz
何の暗示だよ…
「単位が落ちる」とかだったらシャレにならんからやめてorz

 
 さて、本題に戻りましょうか。
崖からは相変わらず魔物のうなり声が聞こえてきます。
 私の夢の話とかしてる場合じゃないなw
これは一刻の猶予もままならないです。
サビクさん、どうしましょうか?

何してるんだあんたはぁ!?

 一体全体何してるんですかぁ!?
いや、どうしようって聞いたのは私だけどさ!
レオンと私の今までの行為が無鉄砲だったのは認めるけど、
あなたも結構無茶するね!?

信じてますからね

 ぐぬぬ… 引き留めたいのは山々なんですが、
確かにこのルートが最短距離なんでしょうね。

 分かりました。 ここはサビクさんを信じて送り出します。
下手について行って先述の夢が現実になっても困るw
なので私は迂回していきましょうね。
 
 迂回ルートといっても、近くに魔物の巣があるわけですからね。
道中で魔物が出ないとも限りません。
 そしてサビクさんに案内してくれと言われて
「サーイエッサー!!」とばかりに勢いで飛び出してきたから、
相変わらずの武器無し状態…






 あれ? こっちはこっちで危険じゃね!?
かと言って戻ってる場合でもないです… ここは腹を括りましょう!


 ようやく崖下に着きました。 二人とも無事かー!?

アトロスの視線が完全にこっちきてた

 うはああああぁぁぁ!!! しびれるぜ!!! 
スピカといいサビクといい、やはり戦士の勇姿というのは見ていて熱くなります!!

 そして短剣好きとしては、サビクさんの得物も見逃せない!
短剣キタ! かっこいいいいぃぃ!!!
 ちゃんと武器名があるんですね。 「モノマキア・ラミナ」かぁ… 
いいなあ、欲しいなあ… どこかで売ってないかな…(←ないです)

 ちなみに会話ウインドウが半端な位置にありますが、
SS撮る時にアトロスの視線が完全にファインドを捉えていたので、
わざと隠して恐怖を紛らわせているからですw

 一年前のこの邂逅が、アトロスと長女ファイドラの因縁の始まりだった…
と言っても、そこまで大したことじゃないんですけどね。
 このオオカミなかなかイカすじゃないかってことで、
世界を巡るついでに探していたら見事ラヘルで再会して、
返り討ちにされたのをきっかけに何度か戦ったくらいですw
怖いのはむしろオオカミマンだ…orz

ファインドのトラウマではないけども

 ファインドの、ではなくファイドラのトラウマなんですけどね。
長女と末っ子とはいえ、中の人は一緒なわけだしな!(←それ言っちゃうんだ…)
 言葉遣いは乱暴ですが、それでも心配してくれたサビクさん。 
何だかんだで、優しい人です。

 
 しかし、この状況でさすがにアトロス2体は無理ゲーなので、
とっととトンズラするに限ります。
スティールできないMVPに今は用はない!! 
 サビクさんにレオンを連れて逃げるように言われます。
でも職業レベルからすると、影葱の私が盾になるべきよね

今後の成長が楽しみになります

 これは成長したらいい男になるぜ…!
セリフのチョイスからして、一歩間違えれば天然タラシにもなりそうだけどw

 
 殿をサビクさんに任せてスタコラサッサと逃げ出して、
何とか振り切ることができました。
安心したのも束の間、サビクさんの拳がレオンの頭にヒット!
音が痛ぇよ…
 まあ怒るわな、彼の立場からすれば拳の一つも入れたくなるわな。
 
 
 と、ここで私にとって重要な分岐点。
クリアした後、ちょろっとおまけ要素だけ調べて周回した長女の記憶によれば、
ここでレオンにげんこつを浴びせ続けると会話が変化します。
 ただ、回数に関しては記憶が飛んでしまってます。 私の海馬組織仕事しろ
 
 まあ攻略サイトを漁りまくって、本腰入れて調べればいいんでしょうが、
それじゃあまりにもつまらんと考えておりますので、
前々回の記事でちらっと零した「レオンルートの50回云々」をスルーしました。
 多分こっちが50回のアレだと思うんだよなぁ… まあやってみましょう。

げんこつ50回目指す

 レオン… 君には何の恨みもないけど、
私のために犠牲になってくれ!(ひでぇ…)

既に良心の呵責に苛まれる もうここで挫けそうだよ…

 私に子供をいたぶる趣味はない… ないんだ…!

拳よりも心が痛いです… 心が痛む…

 サビクさん違うんです…! これはいわば検証といいますか、
自分の記憶が正しいかどうか確認してるだけなんです!

こっちが50回だと思い込んでました 30で終わり…

 これは何故かはっきりと覚えてるのですが、
ファイドラの時は「まだまだ足りぬ!」を選択していましたw
良心の呵責に苛まれ続けて半分壊れてたんでしょうね(他人事)
 最終的にサビクさんに羽交い絞めにされるので、どちらにせよ30回止まりだったようですw
 
 というわけで、どうやら私の勘違いというか記憶違いだったようですorz
 やっぱり序盤のアレが本命だったのか…
どこまでも当てにならない私の脳みそよ…orz
50回のアレは2周目のお楽しみとしておきましょう。

 ん? ってことは、この一連の流れは無駄だったということか…


 はい、なので会話cancelでなかったことにします!!
レオン、君は私には殴られてない、「許す」と言われた、いいね?(洗脳)

 
 何食わぬ顔で話を続けますw
あー、そういえば結局デリテリオにはお仕置きできなかったなぁ…
店の売り上げも取り戻してないし、これは盗賊としては大失態d…

本当はほめちぎってやりたい

 本当にお前は無謀なことばかりして!! 
でかした!!!
(ぇ)
 しかし、ここは敢えて叱っておきます。 反省の色が見えないのは事実ですからね。
私も心を鬼にして大人の対応をしましょう。 子供だけどw
 そして当然の如くサビクさんにも怒られる。 
うん、まあ本気で叱るのは大人に任せておきましょう。
 
 それにしても、雰囲気は「なりたてホヤホヤのソードマン」といった感じなのに、
なかなかシーフとしても見どころあるじゃないですか…
レオン、もし冒険者になるならシーフ系目指さない?


 と、私の中で立ち上がった「レオンシーフ化企画」はさておき、 

なんてできた子だよ… なんて真っ直ぐな…
 
取り敢えず会話が噛み合ってないのは分かったw
 レオン、違うw サビクさんの言いたいことはそうじゃないw そうじゃないんだwww
 
 まあ、ちょっと大人の事情には疎いけど、気立ての良い子です。
設定では16歳ということですが、少しくらい今時の高校生に見習ってもらいたいくらいです。
この歳でここまで純粋培養だったとは… 
元来の性格もだろうけど、レテーナさんの躾がいいんでしょうね、きっと。


 しかし、そんなレオンの姿にサビクさんも思うところがあったようです。
ついには折れて、晴れてレオンが弟子入りを果たしました!!
 よかったなレオン。 でもサビクさん、本当にいいんですか?
なるほど、「弟」に似て危なっかしいから放っておけなくなったのね。
「弟」か… 一体誰のことだろうなー(棒)

ん? ということはチェイサーの弟子になったということか…

 どうやらレオンをシーフの道に引きずり込むことができたようですね…w
サビクさん、忙しいときは是非私にも手伝わせて下さいな。
私なんて軽く超えるほどのどろb… じゃない、
シーフに育ててやりましょう(ゲス顔)



 サビクさんが強さを取り戻すのを見届けたので、
二人とはここでお別れです。 アルゴルに報告をしに行きましょう。
アルゴルお兄ちゃーん、おつかい終わらせてきたよー!

 デリテリオが2回ともしゃしゃり出てきたことに対してですか? うーん…

本音は「面白そう」 面白そうではあるけどw

 それに、今後も出てきてくれないと私が困ります!
何故なら、前回はスピカと一緒にコテンパンにできたものの、
今回の件で奴らに一泡吹かされたことになってしまい、
現時点での戦績はEVENといったところだからです。
 3回目に相見えることがあれば、
その時は何としても私が勝利を掻っ攫っていかねば!!
 

 というわけで、アルゴルさん。 次のおつかいもやる気満々なので、行かせてくだs…







聞き間違いかな? ………(゚д゚)ポカーン

 嘘だろ!!!?
だって公式設定こそ見てきたけど、具体的な攻略情報は全く知らないし、
頼れるのは今までやってきたMYキャラの経験と記憶だけだし、
その記憶だって今回の50回のアレみたく、大事なところだけすっぽ抜けてたのに!?

 あ、そうかそうかドッキリか。 全くアルゴルも人が悪いんだからw
まあ怪我して寝たきりだと退屈だもんな。 私をからかって遊ぼうってことね?
いいよいいよ、ネタバレしなくてもイルさんに聞けば分かるかr…






聞き間違いでもなかった ………(゚д゚)!?

アルゴル兄ちゃん、疑って悪かったorz
 いや、スピカの触手プレイを見ようと決めた時点で、
他の50回のアレも1周目で回収してしまおうと思ったからさ。
Extraルートを一周目で行くのは半ば諦めてたからさ、うん。

 つまり今回は私の記憶違いに救われたということなんだろうか… 複雑w


 というわけで、次回はおつかいに行く前にサビク編のExtraルートを堪能してきましょう。
今回はここまで。 こんなクソ長い記事にもお付き合い下さり、ありがとうございます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

50回のアレ…

 レオンを殴り倒して羽交い絞めにされる以外に何かルートがあったのかな…? 知りませんでした!
 レポートに期待しております(^ω^)
 そしてExtraまだかなまだかなー?ヾ(’ω’*)ノ゛

Re: 50回のアレ…

 通りすがりのれの字さん、いらっしゃいませー!
コメントありがとうございました(ペコリ)

 サビク編の50回は結局、序盤でレオンの稽古を断り続けることのようですね…
すっかり勘違いして50回殴るほうだと思い込んでましたorz
レポート… いや、これ以上殴るのは流石に精神崩壊しそうですw

 Extra…! お待たせいたしました。 UPしましたよ!
相変わらずのアホ記事ですが、どうぞ目を通してやって下さいませ。

毎回記事楽しみにしておりますw

>> 序盤でレオンの稽古を断り続けること

 ああ、それならやったことがありましたw
 私はあまりにもレオンを殴れることがツボって、大爆笑しながらレオンを殴る選択肢を選び続けた人間ですwwwwww←ひでぇw

 サビクさんに止められたり、それでも最後にプラス1発をお見舞いしたりと、レオンくんには色々したなぁ…(コラ

Re: 毎回記事楽しみにしておりますw

 通りすがりのれの字 さん、返信ありがとうございます!

 >大爆笑しながらレオンを殴る
やめたげてよぉwww

 大抵のキャラ攻略系のゲームは、シナリオ分岐が豊富で何回でも楽しめてしまいますw
sidetitleプロフィールsidetitle

ファイ

Author:ファイ
FF・ROなどのゲームを
ゆるくプレイしております。
シーフ等の盗賊系職が好き。
最近お酒が飲みたくて
仕方ありません。
芋焼酎美味しいよ芋焼酎。

画像はROでブラブラ冒険
inニブルヘイム。
黒猫の人形を盗みに、
単身で乗り込みました。
Base165レベルなら
流石に負けないだろうと
思ったのが私の驕り。
ロードオブデス様と
カプラ前でまさかの遭遇。
驕慢な泥棒娘の躾の為、
わざわざ御登場ですか…

© Gravity Co., Ltd.
& Lee MyoungJin
(studio DTDS).
All rights reserved.
© GungHo Online
Entertainment, Inc.
All Rights Reserved.
当コンテンツの再利用
(再転載・配布など)は、
禁止しています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR